バリ島スパ基本の「き」

バリ島でぜひ体験してもらいたいことのひとつにスパがあります。
日本ではエステと言う方が一般的かもしれませんが、バリ島ではスパと言います。
バリ島のスパの魅力は何といってもその価格。スパの内容が充実していることやホスピタリティ、大自然と一体となるような心地よさなどを考えたら、行ってみなきゃ「損」です!
街中にあるリーズナブルなスパからホテルの中に入っているような極上スパまでさまざまですので、旅行の予算やおこづかいと相談しながらお店を選ぶことをオススメします。

スパ

いくつかバリ島の代表的なスパメニューをご紹介します。

■ルルール~Traditional Lulur
ジャワ王家伝統のボディスクラブ。ルルールとは肌を覆うという意味。通常、マッサージした後、ウコン・米粉・白檀などの天然素材のペーストを体につけ、ある程度乾くまでそのまま待ちます。乾いたら肌をスクラブし、古くなった角質を落とします。その後、ヨーグルトを全身に塗り保湿効果を高めます。

■ボレ~Bali Boreh
バリ島伝統のボディラップ。ボレとはバリに昔から伝わる民間療法のひとつ。通常、マッサージした後、クローブ・ジンジャー・白檀・シナモンなどのスパイスのペーストを体につけ、体の内側から新陳代謝を高め、体を温めます。

■マッサージ~Balinese Massage
バリニーズマッサージは少し強めのマッサージ。香り高いオイルを使い、テラピストは指・こぶし・手のひら・腕など全身をつかって体の筋肉をほぐし血行をよくし、体にたまった毒素を排出する。デドックス効果のあるマッサージ。リラクゼーションを目的としたアロママッサージとは少し違います。

■クリームバス~Cream Bath
インドネシア女性のリラクゼーションの代表。日差しの強いバリ島では髪がすぐにぱさついてしまいます。たっぷりのクリームで髪をトリートメントし、マッサージ。その後スチームを使い、髪の奥まで栄養を行きわたらせます。首や肩もマッサージしてもらえるのでかなりすっきりします。

■フラワーバス~Flower Bath
バスタブにたくさんの花を浮かべてつかる。通常はトリートメント後に15分くらい。見た目の美しさに加え、香りのよさから優雅な気分になれ、十分に心を満たしてくれます。バリ島で花は心身を浄化すると考えられているため、フラワーバスにつかることで体が浄化され、花々から大自然の生命力を分けてもらうことができます。
私もスパ大好き派です。

記憶遠のくうっとりうとうと~フェイシャル、お肌すべすべつるつる~ルルール、体とろけてとろとろ~オイルマッサージ、頭リフレッシュ~クリームバス、すっかり姫気分~フラワーバス…などなど。
男性も恥ずかしがらずにスパ体験してみてください。またスパに行きたいと絶対思います。
きっと極上のリラックスを体感できます。

【ちょっと宣伝】
バリクツアーズではバリ島のスパ割引予約を行っています。
ぜひお問い合わせください。