これが新しくなった【35ドル】のバリ島到着ビザ!

昨日のブログでもお伝えしましたが、2014年7月3日よりバリ島入国の際に必要な到着ビザが25ドル→35ドルへ値上げされました。
新しいビザ(の領収書)はどんなのかな〜?と思って仲良しの空港スタッフに写真をお願いすると・・・

バリ島到着ビザ35ドル2
じゃ〜ん。
今までの25ドルの領収書に「US35」とゴム印対応。
ゴム印とは!!
でも、これで十分です。
バリ島到着ビザ35ドル1
写真は今日のングラライ国際空港の様子です。
みなさん、楽しいバリ島滞在を!


インドネシア30日間有効の到着ビザは35ドル

Facebookでは先行してお知らせしましたが、インドネシア入国の際の短期観光ビザが

2014年7月3日(木)より 35ドル

となりました。
これからご旅行になる皆様、お間違えのないようご準備ください!

ングラライ国際空港

■ インドネシアへご入国する際に必要なビザ代金が本日7月3日より改定されました。30日間有効の到着ビザ(VOA)は35米ドルに改定されました。
政府の発表により、本日2014年7月3日よりインドネシアのビザ代金が改定され、これまで25米ドルであった30日間有効の到着ビザ(VOA)は35米ドルとなりましたのでご案内致します。
また、ガルーダインドネシア航空の機内入国審査プログラム適用の便をご利用のお客様は、同公式ウェブサイトをご覧下さい。(http://www.garuda-indonesia.co.jp/index.php)
インドネシア共和国観光クリエイティブエコノミー省公式ページより(https://www.visitindonesia.jp/news/140703-1.html)


インドネシアバリ島入国パスポートの有効期限

インドネシア・バリ島入国時には、パスポートの残存有効期間が6カ月以上必要です。
バリ島へ行く前にパスポートの残存有効期限を確認してくださいね。

というのも、来月8月21日からバリ島へ行く私のパスポートは8月22日で有効期限が切れてしまいます!
6か月なんて問題どころじゃなく、到着した翌日に期限切れ
今日、あわててパスポートを作りなおしてきます。
仕事はお休みしました。

北海道パスポートセンターの申請は平日の9:00~16:30までしかやっていないので、働く人にとっては勤務終了後では間に合いませんよね。
なので年休か、時間休をとらなければならず、困ってしまいます。
せめて土曜もやってくれれば…

10年のパスポートって、
14,000(手数料)+2,000(収入印紙)=16,000円かかるんですね。
こんなに高かったかな~?
それに大事なのは写真
これから先10年持つかもしれないと思うと実物よりキレイに撮ってもらわないと、パスポートを見るたびにテンションが下がります。

運転免許証と違って証明写真は自分で持参できるから、まだ納得のいく写真を選べるだけ良いかもしれません。
それでは、パスポート申請に行ってきます


バリ島からの帰国者にデング熱増加

海外からの帰国者に「デング熱」の感染者が増えている。10年前には年10人程度だったのが、最近は100人前後で推移。今年も7月15日時点ですでに64人の感染者が確認されている。死亡するケースもあるだけに、夏の海外旅行シーズンを前に厚生労働省では注意を呼びかけている。
デング熱は、デングウイルスを持つ蚊を媒介して感染する。2~15日の潜伏期間を経ての急な発熱が特徴で、その後、38~40度の高熱が5~7日間続き、激しい頭痛や関節痛なども伴う。
まれにだが、皮下や歯ぐきから出血するデング出血熱を発症し、死亡するケースもある。大人よりも子供の方が発症することが多く、特に注意が必要だ。ワクチンや治療薬はなく、「蚊に刺されないようにすることが唯一の予防策」(厚労省)という。
流行がみられるのはアジアや中南米、アフリカなど熱帯・亜熱帯地域。世界では毎年約5000万人が発症している。帰国者の感染報告が増加している理由は、世界的に感染地域が広がっているためとみられる。今年は特にインドネシア(バリ島など)からの帰国者に感染が多いという。
国内でも1940年代に流行したことがあるが、現在は国内にデングウイルスを持つ蚊はいないとされ、患者も発生していない。
厚労省は「国内では発生していない感染症も海外では大きく流行していることがあり、事前に十分な情報収集をしてほしい」と話している。
【7月20日配信産経新聞より】

私は良く蚊に刺されますが、まだデング熱に感染したことはありません。
虫除け対策をしていても、効き目の薄いクリームやスプレーだとこんなに刺されてしまいます。
バリ島においてデング熱の蚊対策として効果的な予防品は上記記事の際にもご紹介した「ソフェル」です。
ソフェルが一番のオススメです

バリ島内の特にカランガッサム(バリ島東部)でデング熱の蚊が多くみられるようです。
でも、東部に行かないから安心というわけではありません。
どこに居ても、注意は必要だと思います。
蚊を媒体にデング熱だけでなく、マラリアの危険もあります。
蚊に刺されないようにするのが唯一の予防策と厚労省からも説明があるとおり、刺されない予防をとるほかないと思います。
そのためにも虫除けスプレーやクリームなどをコマメに塗ることをおすすめします。
ホテルでは蚊取り線香など使うのも良いでしょう。
最近はアロマの香りの蚊取り線香も売られています。
昔ながらの匂いのものだけではないんですね。
バリ島でも良い香りのする蚊取り線香が売られています。
効き目のほどはいかがなものか?試してみたことがないのでわかりませんが、せっかくならアロマ蚊取り線香を使ってみたいですね。
未然に防げる手だては試しておきましょう。


バリクツアーズのカ―チャーターでは車の中に虫除けクリームを用意することにしました。
お客様に安心して楽しんでもらいたいからです。
ご自由にお使いください

車内に用意してあるクリームはソフェル(soffell)という肌に負担をかけず、かつ良い匂いのする虫除けクリームです。
これが一番のおすすめです。
これを塗って刺されたなら、もうしょうがないという気がします。

アウタン(autan)というクリームもありますが、こちらは刺激が強く、使いすぎると肌が黒ずんでくるほどで、美白に憧れるインドネシア女性曰く、「ソフェルを使いなさい!」と以前アドバイスをもらいました。
・外出の前
・夕暮れ時
・スパの後
・バリ舞踊鑑前
・ディナーの前
・お風呂の後
こまめに虫除け対策とるようにしましょう。


バリ島入国審査 指紋採取+顔写真撮影

デンパサール空港での入国管理制度の変更となりました。
2010年4月27日よりデンパサール、ングラライ国際空港にて新しい入国管理制度(指紋の採取、顔写真の撮影)が導入されました。このため、当面の間、入国審査に通常より時間がかかることが予想されます。
※採取する指紋は両手の親指の指紋となります。
これはJALのツアーを利用する方に送られてきたメールなんですが、ガルーダだとどのようになっているのでしょうね。
とにかく、4月22日から入国時に指紋の採取等(BCM:Border Control Management)を職員の習熟訓練のために試験的に実施していましたが、ついに本格的に導入されたんですね。
28日に到着したお客様は外に出るまでに1時間かかったそうです。
安全面での強化が図られるのは歓迎ですが、時間がかかって待たされるのは疲れてしまうのでイヤですね~