GA412便ジャカルタ乗り換え ガルーダ国内線でバリ到着

JAL725便でジャカルタに到着後、インドネシア国内線に乗り換えてバリを目指します。
16:55にジャカルタに到着し、VISAの購入、入国審査を済ませ、荷物を1度ピックアップしてガルーダの乗継ぎチェックインカウンターへ。
1本早い便にしてもらおうかと思ってチェックインカウンターのスタッフにお願いしたけれど、追加料金が必要なうえ、ここでは出来ない(JALのカウンターへ行って欲しい)と言われて諦めました。
 
というわけで、当初の予定どおりGA412に乗る事にしました。
ジャカルタ 19:55 発
デンパサール 22:55 着
乗継ぎの待ち時間、約3時間(実質2時間かな)…何もすることがないので暇すぎます。
 
GA412 ジャカルタバリ1
 
特に見たいものもないので、恒例のスターバックスでコーヒータイム。
じゃなくて、今回は同じエリアのロティオーのカフェオレ。
 
GA412 ジャカルタバリ2
 
スターバックスと同じエリアなので、前回ログインしたWiFiも使えました。
ここで2時間、ラインしたり、FBしたりして時間を潰しました。
 
GA412 ジャカルタバリ3
 
正直、いつも「この移動ってなんか余計なんだよね〜」と思ってしまいます。
行きはまだバリへ向かう楽しみがあるから良いものの、帰りはとりわけ時間がもったいなく感じてしまいます。
 
GA412 ジャカルタバリ4
 
飛行機が飛び立って約30分で機内食の時間。
約2時間の国内線でも機内食が出ます。
 
GA412 ジャカルタバリ5
 
メニューが肉かシーフードかでしたので、シーフードを選択。
麺はちょっと乾いてしまっていましたが、味付けがインドネシアな味だったので、バリへ向かってるんだ〜というワクワク感が高まりました。
機内では映画も観れましたが、JAL便で4本立てして疲れてしまったので、ここでは目をつぶって睡眠…といきたかったのですが、途中から機内がネオン状態に!
 
GA412 ジャカルタバリ6
GA412 ジャカルタバリ7
GA412 ジャカルタバリ8
GA412 ジャカルタバリ9
GA412 ジャカルタバリ10
 
そんな感じで、新千歳を出発してから16時間。
コリアンエアーなら11時間。
バリ島到着です。
 
GA412 ジャカルタバリ11
 
空港ではけんちゃんと甥っ子ジョニーが待っていてくれました。
札幌のマイナス10度から、一気にバリの30度の世界へ。
気温差40度?!
雨季だけあって蒸し暑〜い!!!


バリクツアーズのカーチャーター

 

441_3_E_MT_Minor_Changebig

http://balikutours.com/blog/car-charter/

バリ島でカーチャーター・車チャーターするならバリクツアーズ!車を貸切で自由自在にバリ島を観光してみませんか?

格安で安心、口コミで評判のバリクツアーズのカーチャーター・車チャーターは、行きたい所へ自由自在の貸切観光!

おすすめのバリ人ドライバーがご案内。リーズナブルな料金で、初めてのバリ島旅行、リピーターにも大人気!行き先・ご利用時間はお客様のご希望にあわせてアレンジ可能。

時間だけ決めておいて、「行先は当日経験豊富なドライバーにお任せ」もOKです。

詳しくはこちら→カーチャーターについて
ご利用になられたお客様の感想→お客様からの声
どうぞお気軽にお問い合わせください!→お問い合わせフォーム
バリクツアーズのHP→ウェブサイト

機内エンタメ&機内食 – JAL725便で行く成田 – ジャカルタ(バリ)

機内での過ごし方で楽しみのひとつは何と言っても映画!
今回、4本も観ちゃいました。
4本ということは、そう。
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、約7時間のフライトですから、観ている間にジャカルタに到着してしまいました。しかも最後は早送り(笑)だって結末を観なきゃモヤモヤしちゃうでしょう?
JAL725 成田ジャカルタ9
ずっと観たかったベイマックスが!
JAL725 成田ジャカルタ11
機内食を食べながら、しかも泣きながら観ました。
最近は機内映画でのひとり泣きも気にならなくなりました。(周りが気にするかも?!笑)
JAL725 成田ジャカルタ10
・ベイマックス
・ゴーンガール
・セッション(Whiplash)
・Alexander and the Terrible, Horrible, No Good, Very Bad Day
の4本を楽しみました。
そして、機内食関係。
JAL725 成田ジャカルタ 機内食1
10:55成田発の便でしたが、飲み物が出て来たのが11:40過ぎ。
飛び立って一息ついた頃でした。
お昼の便なので、もちろん昼食も出てきます。
JAL725 成田ジャカルタ 機内食2
写真の時間を見ると、12:20頃。
朝が早く、小さなパンを1個食べただけだったので、早めに機内食が出て来て嬉しかったです。
今回の機内食でちょっと目を引いたのが、こちら。
JAL725 成田ジャカルタ 機内食3
メインのフタが銀紙じゃなくなっていること!
アルミホイルって言った方が良いのかしら。
なんかオシャレになってるー。
JAL725 成田ジャカルタ 機内食4
ごはん美味しかったです。
JAL725 成田ジャカルタ 機内食5
JAL725 成田ジャカルタ 機内食6
JAL725 成田ジャカルタ 機内食7
その他のおかずもなかなか。
好き嫌いの多い私でも食べられるメニューで、ホッ。良かった〜。
JAL725 成田ジャカルタ 機内食8
食べ終える頃に、ハーゲンダッツのアイスも出てきました。
もちろん、アイスは大好きなので残さずペロリと頂きました!
そうそう、ジャカルタ便はおやつに菓子パンも出てくるんですが、普段はこの段階で出て来る菓子パンは「機内、食べ過ぎ注意」のため食べないようにしています。ところが、今回に限っては食べてしまいました。だって、機内では何もエネルギーも使ってないのに食べたら太りそうだし・・・というのが持論なんですが、最近は胃が大きくなってきたのか、食べる楽しみに勝てないのか、ついつい食べ過ぎてしまいます。
年齢のせいか代謝も悪くなって来ているのに、今までより食べていたら太るの当たり前ですよね。最近はお腹がぽんぽこりんです。


バリクツアーズのカーチャーター

 

441_3_E_MT_Minor_Changebig

http://balikutours.com/blog/car-charter/

バリ島でカーチャーター・車チャーターするならバリクツアーズ!車を貸切で自由自在にバリ島を観光してみませんか?

格安で安心、口コミで評判のバリクツアーズのカーチャーター・車チャーターは、行きたい所へ自由自在の貸切観光!

おすすめのバリ人ドライバーがご案内。リーズナブルな料金で、初めてのバリ島旅行、リピーターにも大人気!行き先・ご利用時間はお客様のご希望にあわせてアレンジ可能。

時間だけ決めておいて、「行先は当日経験豊富なドライバーにお任せ」もOKです。

詳しくはこちら→カーチャーターについて
ご利用になられたお客様の感想→お客様からの声
どうぞお気軽にお問い合わせください!→お問い合わせフォーム
バリクツアーズのHP→ウェブサイト

JAL725便で行く成田 – ジャカルタ(バリ)旅行記

久々のJAL便利用。
というのも、1月に予定していたコリアンエアーのバリ島旅行がインフルエンザで中止になったため、改めて希望日をコリアンエアーで探すともう空きがなく、渋々JALで予約。
渋々…と言いましても、私はアンチJALという立場ではなく、むしろJAL派です!
国内線はJALがあれば最優先でJALしか乗らないし、買物だってJALカード。
昔、成田や関空からバリ島へのJALの直行便があった時は100% JAL利用でした。
ところが、いくらJAL愛が強くても直行便がなくなり、ジャカルタ経由となった時に体力的な辛さを感じました。
JAL
札幌→成田→ジャカルタ→バリ
(ジャカルタで一度荷物をピックアップ)
コリアンエアー
札幌→インチョン→バリ
(荷物はバリまでスルー)
この行程で、コリアンエアーの方が値段も安く、所要時間も短く、荷物もピックアップする必要がないとなれば、やっぱりコリアンエアーを選んでしまいます。
とはいうものの、JALに乗るとサービス面や心地良さなどその差を実感してしまうもの。
やっぱりJALだよな〜と思わせてくれるものがあります。
JAL725 成田ジャカルタ
今回の旅は下記のようなスケジュール
JL3040 新千歳(札幌)07:50 発 → 成田(東京) 09:35 着
JL725 成田(東京)10:55 発 → ジャカルタ 16:55 着
GA412 ジャカルタ 19:55 発 → デンパサール 22:55 着
朝も早かったです。札幌から成田までは爆睡状態であっという間でした。
その後、成田の免税店でちょっとお買い物していたら、すぐにジャカルタ行きの搭乗時間となってしまい慌てて乗り込みました。
JAL725 成田ジャカルタ1
マイル利用じゃないので、エコノミー席を購入。
JAL725 成田ジャカルタ2
驚きはこの広さ!
足がめちゃめちゃ伸ばせます。
エコノミーでこんなに広くていいんですか?と言いたくなるほど余裕ありあり。
しかもラッキーなことに、隣も隣も誰もお客さんがこなくて窓側3列貸切り状態でした。
JAL725 成田ジャカルタ3
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、実際座ってる人を写すとこんな感じです。
JAL725 成田ジャカルタ7
かなり余裕があるのわかりますか?
膝と前の席との余裕があるので、足を組んでも自由なスペースがあります。
シートの座り心地も良く、長時間のフライトも疲れにくいかたさでした。
JAL725 成田ジャカルタ4
テレビはタッチパネル式。
左側にやUSBポートと、スマホを入れれるホルダーがあってすごく便利!
JAL725 成田ジャカルタ5
飛行機に乗る前に使ってしまった充電を、しっかり満タンにして次の地へ向かえるので安心です。
JAL725 成田ジャカルタ8
コントローラーもカッコイイ。
JAL725 成田ジャカルタ6
ペットボトルや小物を入れるのにもちょうど良いホルダー。
こんな楽々広々空間でエコノミーなんて素晴らし過ぎます。
続いては、機内エンタメと機内食についてです!


バリクツアーズのカーチャーター

 

441_3_E_MT_Minor_Changebig

http://balikutours.com/blog/car-charter/

バリ島でカーチャーター・車チャーターするならバリクツアーズ!車を貸切で自由自在にバリ島を観光してみませんか?

格安で安心、口コミで評判のバリクツアーズのカーチャーター・車チャーターは、行きたい所へ自由自在の貸切観光!

おすすめのバリ人ドライバーがご案内。リーズナブルな料金で、初めてのバリ島旅行、リピーターにも大人気!行き先・ご利用時間はお客様のご希望にあわせてアレンジ可能。

時間だけ決めておいて、「行先は当日経験豊富なドライバーにお任せ」もOKです。

詳しくはこちら→カーチャーターについて
ご利用になられたお客様の感想→お客様からの声
どうぞお気軽にお問い合わせください!→お問い合わせフォーム
バリクツアーズのHP→ウェブサイト

バリ島から新千歳へ 荷物が間に合わない?

バリ島から新千歳への復路も行きと同様コリアンエアーを利用しました。
【復路】
(1)デンパサール(バリ)→韓国(インチョン)
出発 01:20
到着 09:20
Korean Air KE630
(2)韓国(インチョン)→札幌(新千歳)
出発 10:10
到着 12:55
Korean Air KE765
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)1
帰りも混むとのことだったので、少し早めに空港に到着しました。
あらら、またまた同じアジア圏の団体さん。
とりあえず、この列が引くのをまってから中へ入りました。
しかし、コリアンエアーのカウンターから遠い入り口から入ってしまったので、ぐるぐる周ってチェックインカウンターの列へ。ここでも少し並びましたが、空港内のFree WiFiがあるので何とか暇つぶしして時を過ごしました。
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)5
そして、出国手続きにまたも長蛇の列。
整列出来るようにベルト状のパーテーションを並べてくれているのですが、幅がありすぎて横入りしたり前に並んでいる人を追い越す人が続出。
もう勘弁して〜(苦笑)
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)6
出国手続きもやっと終了して、出発ゲートへ向かいます。
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)7
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)8
免税店で最後のお土産を買う観光客のみなさん。
時間があると、最後まで買物楽しみたくなりますよね。
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)9
今までよりもゲートが分かりやすくなった気がします。
でもトイレが端にあってやたら遠かったし、途中でゲートが変わったりして、なんだかとても疲れた気がしました。
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)2
トイレへ行く途中ガルーダのラウンジを発見しましたが、私が利用できるラウンジはこっち。
プレミアムラウンジです。他にもあったのかもしれないけれど、探すのも億劫だったので手前の入れるところへすぐ入ってしまいました。
あんまりプレミアム感がないですが、ゆったりソファに座れるだけでも感謝です。
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)3
軽食、デザート、飲み物があるくらいでしょうか。
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)4
最後に命の水アクアを(笑)
そして、さよならバリ島。
バリを離れるとき、「神様ありがとう。みんなが笑顔でいられるようお守りください。」といつも心で祈っています。何となく、毎回これが自分の儀式みたいになってます。
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)10
デンパサールからインチョンでの機内食。
朝8時頃だったかしら?
本当はこれにオムレツがついていたのですが、ヨーグルトと果物だけで良い気分だったのでオムレツはお断りしました。
実は帰りの便で、また数回吐いてるんです^^;
おそらく最後に食べたワルンでの豆腐のココナッツ煮が悪かったんだと思います。ココナッツは傷みが早いので気をつけなきゃと思ってたのに最後に気が緩んでたのでしょうね。24時間営業のムスリムのワルンで手を出してしまいました。反省です。
のんびり朝食を食べた後、客室乗務員の方が来て「札幌?KE765?」と聞くので、そうだと答えると、「到着が遅れて、乗り継ぎの時間がとっても短いから、コリアンエアーのスタッフが誘導するので、とりあえず早く外へ出られるよう前の席へ移動してください!」とちょっと焦り気味に話しかけてきました。
確か満席だったのに、前の方へ移動って…?
とにかく荷物をまとめて客室乗務員の方について行くと、なんととーっても広い席へ!
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)11
か・い・て・き♡
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)12
めちゃ広い♡
イスを倒したり色々したかったけれど、そこは移動させてもらった身なので謙虚に我慢しました。
乗り換えの時間は行きよりも時間に余裕があるため、行きの免税店で購入した際にもらったキャッシュバックの特典カードの残りを使って買物しようんかな〜なんて☆思ってたけれど、それどころじゃない事態に…。
なんと、インチョンに到着した時点で新千歳便の出発まであと20分!
飛行機を降りると、コリアンエアーの地上係員が待ち構えていて新千歳便のゲートまで誘導してくれました。同じ航空会社の便だとこういう時本当に助かります。
一緒に歩いていると、「荷物(の積み込み)が間に合わないかもしれません。新千歳に着いてみないと確認できないので、ターンテーブルで待っていて自分の荷物が出てこなかったら新千歳のコリアンエアースタッフに相談してください。」
もしこの便で荷物が間に合わなかった場合は、
・荷物は次の便(夜)に載せて新千歳に送る
・新千歳に届いた後は、コリアンエアーが負担して自宅まで届けてくれる
とのことだったので、間に合うことを願って自分は飛行機へ乗り込みました。
またしてもギリギリの乗り継ぎです。
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)13
どんなトラブルがあっても、1度乗ってしまえば後は到着してみないと焦っても仕方ないので機内食を楽しむ事にしました。
インチョンから新千歳の機内食です。お約束の牛肉。
アルミホイルをはがすと、これは混ぜ混ぜできるバージョンじゃ♡とすっかり荷物の事など忘れてテンションUP!
行きの便で学習したアジュンマのコチュジャンを頼んで混ぜ混ぜ。
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)14
妙に気になった梅ゼリー。
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)15
ちゃんとしたチョーヤの梅酒です!
Osakaの文字が!!
安心の食、日本。
うれしー。
ちゅーちゅー吸いました。間違いない味でとっても美味しかったです。
デンパサール(バリ)ソウル(インチョン)札幌(千歳)16
そして、荷物も心配する事なく無事出てきて万事OK。
日本のキレイなトイレに入って更にホッとしたのでした。
日本に帰ってきて家に戻る途中しみじみ思った事が、
・道にゴミが落ちていない
・交通ルールが守られている
・とても静かで整然としている
日本に居たら当たり前な事にとても驚いている自分に驚きました。


新千歳からバリ島へ 到着後外へ出るのに1時間半(入国審査混んでます)

今回の夏バリは札幌からコリアンエアーを使って移動しました。
8月の夏休みで74,470円でした。この時期にしては安く取れたかな〜?と思います。北海道からバリへ向かうにはコリアンエアーが一番「早安楽」。JALの直行便があった時は文句なしにJALだったんですが、ジャカルタ経由になってからはキツいですね〜、体が。
【往路】
(1)札幌(新千歳)→韓国(インチョン)
出発 14:15
到着 17:10
Korean Air KE766
(2)韓国(インチョン)→デンパサール(バリ)
出発 17:55
到着 23:55
Korean Air KE629
【復路】
(1)デンパサール(バリ)→韓国(インチョン)
出発 01:20
到着 09:20
Korean Air KE630
(2)韓国(インチョン)→札幌(新千歳)
出発 10:10
到着 12:55
Korean Air KE765
ガルーダが年末年始にジャカルター札幌間を結ぶチャーター便を運航します。ジャカルタから新千歳への乗り入れは初めてですが、今後人気が出れば定期運行の可能性もあるそうなので、もしも、もしも、定期運行とういうことになれば、これまた非常に便利になります!
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)1
今回は乗り換え時間がめちゃめちゃタイト!
1時間ないんです。
一抹の不安はありましたが、乗り継ぎが同じ航空会社なので何かあっても安心だし…と思ってポチッと予約しました。
空港でチェックインする際、乗り継ぎに遅れた場合について確認すると、KE629はデンパサールの空港利用時間に制限があるため、乗り遅れたお客様がいても待たずに出発しなければならないんだそう。きっと、そのまま折り返してくるからコリアンエアーもやりくりしなきゃいけないんでしょうね。というわけで、乗れなかった場合は翌日になるそうです。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)4
新千歳空港国際線チェックインは完全アウェー状態。
もうそこは日本というよりアジア。中国、韓国とにかくアジア圏の人々に囲まれ、横入りされ、ぶつかられ、忍耐のチェックイン。
ホッと一息つけるのが出国手続き後の国際線ターミナル4F搭乗待合室エリアにあるこのソファ。
下手にラウンジを使うより、めちゃめちゃリラックスできるこの一人掛けソファ。
足を伸ばせて、背中もすっぽり支えてくれるので、体を預けて座れます。生地も触り心地が良くて本当にリラックスできます。だらしないけれど、座ってる人がいないので、靴を脱いで自宅のように寛いでました。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)2
新千歳からインチョンの機内食。
牛肉を選びました。お隣の(すっとしゃべり続けてた)韓国人のおばさんアジュンマがコチュジャンをもらってたので、私も真似してコチュジャンをもらいました。どうやって食べるのか注視してると、ごはんにコチュジャンを絞り出し、スプーンでごはんと具を混ぜ混ぜ。
ビビンバの要領のようです。
私も真似してコチュジャンを絞り出し、混ぜ混ぜ。入れて大正解!即席ビビンバの出来上がりで美味しくなりました。さすがアジュンマ。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)6
食事をしていると、お茶やコーヒーのサービスも回ってきます。お茶を持って歩いていた客室乗務員の方に声をかけると、
「茶アツイノデキヲツケロ、ドゾ ゴユックリ」
と言われました。
丁寧なのか、乱暴なのか(笑)
ツッコミどころ満載で、ひとり苦笑いしてしまいました。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)5
約3時間の旅はあっという間です。
そして、乗り換え!!
1時間を切った乗り換え時間で、私は新羅免税店で買物をしなくちゃいけない!
もう買うものは決めていたので、SK2とシャネルとディオールで化粧品をGET。
欲しいものを買うと液体系で5キロの重さに^^;
空港の免税店で買ったので液体物でも手荷物OK☆
でも、これが後々デンパサールの空港でどれだけ重くて苦しめられた事か…
本当はもうちょっと買いたかったけど、とりあえず欲しいものは最低限買えて満足。
走って搭乗ギリギリのゲートへ到着し、休む暇なくデンパサール行きの飛行機に乗り込みました。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)3
本日2回目の機内食。
インチョンからデンパサール行き。
米よりもイモを食べたかったので、イモ優先で選ぶとまたしてもメインが牛肉。しかも私の苦手な玉ねぎ入り…。玉ねぎが見事にソースと絡んでたので除けて食べるのは至難の業。というわけで、イモ中心にいただきました。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)7
コリアンエアーのエンターテイメントはクラシック音楽が充実してます。
クラシック好きには本当に嬉しい☆
最近ゆっくり聴く時間がなかったので至福の時でした。
「チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調」をひたすらリピートして高揚感MAX(笑)
掻き立てられるような気持ちになるんです、この曲。甘美で華やかで、抒情的で熱狂的。ロシア音楽は格別なものがあります。
たぶんみなさんもどこかで聞いた事あると思います。
私が飛行機でどんな曲聴いて興奮してるのかお知りになりたい方は、ぜひ聴いてみてください^^
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)8
予定よりちょっと遅れてバリに到着!
新しい空港は初めてなのでキョロキョロしながら周りについて移動しましたが、1週間前に同じ便にのったお客様は入国審査に1時間半もかかったとおっしゃっていたので、あちこち写真を撮りながら移動するのを我慢!
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)9
まずはVISAの購入。
ここで10分以上待ち。
VISAカウンターのスタッフにいつもこんなに混んでいるのか聞くと、「この時間は特に混むんだよ。飛行機が重なるから。ほら、チャイナエアライン…」とのことでした。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)10
(写真はスタッフの許可を得て撮ってます。)
写真は8月に私がバリ入りした時のものです。ドルは35ドルですが、日本円の場合は3,950円でした。
VISA代はドルでも日本円でもルピアでもOKです。
お釣りはルピアで戻ってきます。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)11
そして、VISA購入後はイミグレーションへ。
ここで約1時間弱・・・。
ディズニーよりも辛い待ち時間。
何が辛かったかって、インチョンで買った5キロ分の買物が手に指に食い込んで重すぎる〜。
重たいカメラは肩ズッシリ、何かあった時用に手荷物にしている日用品も重いし、免税店の袋は持ち手部分のプラスチックが細くて腕に指に食い込んで、まさに拷問状態。
本当は空港の外に出る様子なんかも写真に撮ろうと思ってましたが、迎えに来てくれた友人とケンちゃんがいたので、急いで外へ出ました。お盆の時期も過ぎてるし1時間半も外に出るまで時間かからないだろうな〜と思っていましたが読みが甘かったようです。
飛行機の席も前の方に取っていたし、早足でそれぞれの手続き場所へ向かってもこんなに時間がかかりました。
もし後ろの方だったら、もっともっと時間がかかっていたと思います。
最近はガルーダも機械トラブル等で機内入国審査を行っていないようなので、バリ島入国の際はかなり時間がかかるかもしれません。
到着日にご予定を組まれている方、時間に余裕のあるご予定をおすすめします。