バリ人とニュピの過ごし方Q&A

2011年のニュピも無事終了しました。
前日に行われたオゴオゴパレード中は雨が降ってきましたが、みんな最後まで頑張りました。
ニュピの夜も雨が降っていましたが、夜は雨が上がり満点の星空が広がりました。
2011年のオゴオゴとニュピ
スライドショー
けんちゃんが携帯百景から更新したオゴオゴとニュピの様子です。
ひらがなや英語のスペルが間違えているけれど、けんちゃんの気持ちは伝わりますよね?

ニュピとは、バリヒンドゥー教のサカ歴で新年にあたる日のことを言います。
今年はサカ歴1933年。
ヒンドゥー教の人々は下記の4原則を守ります。
1 火・電気を使わない
2 外出しない
3 働かない
4 食事をしない
この日は「悪霊が去るのを静かに瞑想して待つ」ため、一切の外出が禁じられています。これは観光客も例外ではなく、ホテルからの外出も一切できません。
静寂で包まれるバリ、死んだように街が機能しなくなる不思議な世界、神々の棲む島バリに年に一度起こる神秘的な一日。
と言われていますが、実際のところバリ人はどのように過ごしているのでしょうか?

1 火・電気を使わない
火は事前に食料などをたんまり買い込むので料理しなくても済むように準備すればほぼクリア。
電気を使わないというのは、電力を使うものというイメージとは少し異なるようで、例えば携帯もテレビもパソコンもダメなの?と思うでしょう?
ところがどっこい!!!
どれも使ってます(笑)
テレビに関して言うと昔より制限がかかり、以前はジャカルタ発のチャンネルは入り、バリのチャンネルのみ入らなかったんですが去年同様今年はどこも入りませんでした。
じゃあ、電気を使わないってどういうことかというと、夜家中の明かりをつけません。しかし、光が外に漏れないようにこっそりパソコンなど使ってます(笑)

2 外出しない
家から全く外に出ない?
いえいえ、自分のバンジャール内ならとことこ出歩きます。
近所の友達とカードゲームをして遊んでいます。
けんちゃんの撮ったスライドを見てください(笑)外に出てるでしょう?

3 働かない
これは案外守ってるのかも。

4 食事をしない
食べますよ~!
お坊さんは食べなかったりしますが、みんな買い込んだ食料を家族で楽しく食べます。
けんちゃんなんて、けんちゃん食べなきゃ死んじゃうよ~と一日でも断食はできない様子。

家族が集まってご飯を食べて、遊んで、のんびりして…
そんなニュピの過ごし方をしています。