新千歳からバリ島へ 到着後外へ出るのに1時間半(入国審査混んでます)

今回の夏バリは札幌からコリアンエアーを使って移動しました。
8月の夏休みで74,470円でした。この時期にしては安く取れたかな〜?と思います。北海道からバリへ向かうにはコリアンエアーが一番「早安楽」。JALの直行便があった時は文句なしにJALだったんですが、ジャカルタ経由になってからはキツいですね〜、体が。
【往路】
(1)札幌(新千歳)→韓国(インチョン)
出発 14:15
到着 17:10
Korean Air KE766
(2)韓国(インチョン)→デンパサール(バリ)
出発 17:55
到着 23:55
Korean Air KE629
【復路】
(1)デンパサール(バリ)→韓国(インチョン)
出発 01:20
到着 09:20
Korean Air KE630
(2)韓国(インチョン)→札幌(新千歳)
出発 10:10
到着 12:55
Korean Air KE765
ガルーダが年末年始にジャカルター札幌間を結ぶチャーター便を運航します。ジャカルタから新千歳への乗り入れは初めてですが、今後人気が出れば定期運行の可能性もあるそうなので、もしも、もしも、定期運行とういうことになれば、これまた非常に便利になります!
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)1
今回は乗り換え時間がめちゃめちゃタイト!
1時間ないんです。
一抹の不安はありましたが、乗り継ぎが同じ航空会社なので何かあっても安心だし…と思ってポチッと予約しました。
空港でチェックインする際、乗り継ぎに遅れた場合について確認すると、KE629はデンパサールの空港利用時間に制限があるため、乗り遅れたお客様がいても待たずに出発しなければならないんだそう。きっと、そのまま折り返してくるからコリアンエアーもやりくりしなきゃいけないんでしょうね。というわけで、乗れなかった場合は翌日になるそうです。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)4
新千歳空港国際線チェックインは完全アウェー状態。
もうそこは日本というよりアジア。中国、韓国とにかくアジア圏の人々に囲まれ、横入りされ、ぶつかられ、忍耐のチェックイン。
ホッと一息つけるのが出国手続き後の国際線ターミナル4F搭乗待合室エリアにあるこのソファ。
下手にラウンジを使うより、めちゃめちゃリラックスできるこの一人掛けソファ。
足を伸ばせて、背中もすっぽり支えてくれるので、体を預けて座れます。生地も触り心地が良くて本当にリラックスできます。だらしないけれど、座ってる人がいないので、靴を脱いで自宅のように寛いでました。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)2
新千歳からインチョンの機内食。
牛肉を選びました。お隣の(すっとしゃべり続けてた)韓国人のおばさんアジュンマがコチュジャンをもらってたので、私も真似してコチュジャンをもらいました。どうやって食べるのか注視してると、ごはんにコチュジャンを絞り出し、スプーンでごはんと具を混ぜ混ぜ。
ビビンバの要領のようです。
私も真似してコチュジャンを絞り出し、混ぜ混ぜ。入れて大正解!即席ビビンバの出来上がりで美味しくなりました。さすがアジュンマ。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)6
食事をしていると、お茶やコーヒーのサービスも回ってきます。お茶を持って歩いていた客室乗務員の方に声をかけると、
「茶アツイノデキヲツケロ、ドゾ ゴユックリ」
と言われました。
丁寧なのか、乱暴なのか(笑)
ツッコミどころ満載で、ひとり苦笑いしてしまいました。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)5
約3時間の旅はあっという間です。
そして、乗り換え!!
1時間を切った乗り換え時間で、私は新羅免税店で買物をしなくちゃいけない!
もう買うものは決めていたので、SK2とシャネルとディオールで化粧品をGET。
欲しいものを買うと液体系で5キロの重さに^^;
空港の免税店で買ったので液体物でも手荷物OK☆
でも、これが後々デンパサールの空港でどれだけ重くて苦しめられた事か…
本当はもうちょっと買いたかったけど、とりあえず欲しいものは最低限買えて満足。
走って搭乗ギリギリのゲートへ到着し、休む暇なくデンパサール行きの飛行機に乗り込みました。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)3
本日2回目の機内食。
インチョンからデンパサール行き。
米よりもイモを食べたかったので、イモ優先で選ぶとまたしてもメインが牛肉。しかも私の苦手な玉ねぎ入り…。玉ねぎが見事にソースと絡んでたので除けて食べるのは至難の業。というわけで、イモ中心にいただきました。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)7
コリアンエアーのエンターテイメントはクラシック音楽が充実してます。
クラシック好きには本当に嬉しい☆
最近ゆっくり聴く時間がなかったので至福の時でした。
「チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調」をひたすらリピートして高揚感MAX(笑)
掻き立てられるような気持ちになるんです、この曲。甘美で華やかで、抒情的で熱狂的。ロシア音楽は格別なものがあります。
たぶんみなさんもどこかで聞いた事あると思います。
私が飛行機でどんな曲聴いて興奮してるのかお知りになりたい方は、ぜひ聴いてみてください^^
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)8
予定よりちょっと遅れてバリに到着!
新しい空港は初めてなのでキョロキョロしながら周りについて移動しましたが、1週間前に同じ便にのったお客様は入国審査に1時間半もかかったとおっしゃっていたので、あちこち写真を撮りながら移動するのを我慢!
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)9
まずはVISAの購入。
ここで10分以上待ち。
VISAカウンターのスタッフにいつもこんなに混んでいるのか聞くと、「この時間は特に混むんだよ。飛行機が重なるから。ほら、チャイナエアライン…」とのことでした。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)10
(写真はスタッフの許可を得て撮ってます。)
写真は8月に私がバリ入りした時のものです。ドルは35ドルですが、日本円の場合は3,950円でした。
VISA代はドルでも日本円でもルピアでもOKです。
お釣りはルピアで戻ってきます。
札幌(千歳)ソウル(インチョン)デンパサール(バリ)11
そして、VISA購入後はイミグレーションへ。
ここで約1時間弱・・・。
ディズニーよりも辛い待ち時間。
何が辛かったかって、インチョンで買った5キロ分の買物が手に指に食い込んで重すぎる〜。
重たいカメラは肩ズッシリ、何かあった時用に手荷物にしている日用品も重いし、免税店の袋は持ち手部分のプラスチックが細くて腕に指に食い込んで、まさに拷問状態。
本当は空港の外に出る様子なんかも写真に撮ろうと思ってましたが、迎えに来てくれた友人とケンちゃんがいたので、急いで外へ出ました。お盆の時期も過ぎてるし1時間半も外に出るまで時間かからないだろうな〜と思っていましたが読みが甘かったようです。
飛行機の席も前の方に取っていたし、早足でそれぞれの手続き場所へ向かってもこんなに時間がかかりました。
もし後ろの方だったら、もっともっと時間がかかっていたと思います。
最近はガルーダも機械トラブル等で機内入国審査を行っていないようなので、バリ島入国の際はかなり時間がかかるかもしれません。
到着日にご予定を組まれている方、時間に余裕のあるご予定をおすすめします。