雨季はドリアン

乾季ネタではありませんが、雨季といえばフルーツ。
バリ島の季節は、ご存知のとおり日本のような四季ではなく雨季と乾季のふたつの季節に大きく分けられます。
観光を楽しむなら晴れの日が多く湿度も低い乾季がベターですが、雨季は何と言っても南国フルーツのシーズン!
雨上がりの青々とした緑も本当に美しいです。
この日は、朝から天気が良くアメッドへスノーケリングへ行く事に。
ダイビング会社をやってるけんちゃんのお兄さんのカメラも借りて準備万端!!
アメッドへの道すがら、ほとんど爆睡しておりましたが、ひょっこり目覚めると果物の路上販売が目立つようになってきました。
せっかくなので休憩がてら果物でも買って食べようよ〜ということになりました。
突然の予定を柔軟に楽しめるのも、のんびり旅の醍醐味です。
ドリアン1
くっさ〜いドリアン(笑)
でも食べるとねっとりしたクリーミーさがいいんですよね。
ドリアンのジュースもなかなか美味しいんですよ。
私は選び方が良くわからないので、そこはバリ人にお任せ。
色も形も大きさもバラバラ。
ドリアン2
けんちゃんとニョンニョンと売り子さんとで選んでもらいました。
ドリアン3
いただきま〜す♡
ドリアン5
って、ニョンニョン、皮は食べないでしょ(笑)
バリ人ならほとんどの人はドリアン大好きです。
でもドリアンを食べ過ぎると喉が痛くなるそうです。
体も熱くなってくるので、風邪の時には良くないそうです。
熱いときは、ランブータンなどクールにしてくれる果物の方が良いそうですよ。喉も潤いそうですものね。
時々ですが、けんちゃんが「風邪引いたかも。なんか〜熱っぽいし喉痛いし。あれ?昨日ドリアン食べ過ぎたせいかな?」な〜んて言ったりもします。
ドリアン4
みんなとれたて新鮮ドリアンをたくさん購入していきます。
家に帰って家族で食べるのが楽しみなんだろうな〜と。家族でドリアンを嬉しそうに食べる姿を想像して微笑ましくなりました。
シーズンになれば、また道端であっちでもこっちでも売られるようになります。
夏休みにバリに行けなかった方、諦めた方、雨季もなかなか良いものですよ〜。
冬休み、寒い日本から逃げて暖かいバリへっていうのもオススメです!