バタヴィアの時代にオランダへ行った凄いおじいちゃん

まだジャカルタがバタヴィア(Batavia)と呼ばれていた頃、オランダに行ったおじいちゃんがいました。
バリの芸術公演をするために。
そのおじいちゃんがBebek Tepi Sawah restraunt & villasのおじいちゃんです。
ベベトゥピサワ 芸術1
まだパスポートもない頃で、おじいちゃんのVISA?みたいのを見せてもらったら、ちゃんとBuavita・・・失礼。ブアヴィタはジュースです(笑)
Bataviaと書かれていました。しかも今みたいな小さなパスポートのサイズじゃなくてでっかいノートみたいなサイズ。
そんな時代にオランダへ行ったおじいちゃん。
すごいですよね〜!
このレストラン&ヴィラはバリの伝統芸能も直接肌で感じることができる一石二鳥・・・いえいえ三鳥的な♪
ベベトゥピサワ 芸術2
キレイなバロンでしょう?
シルバーのバロンもいい感じですね〜。
ベベトゥピサワ 芸術3
絵画も素晴らしかったです。
上のは奥から出してきたものを撮らせてもらいました。
下のは壁に飾られていた絵です。
ベベトゥピサワ 芸術5
こちらがけんちゃんのお友達で、Bebek Tepi Sawah restourant & villasのファミリーです。
笑顔の優しいイケメンさんです。
ティンクリック弾いて〜とお願いすると、最近やってないからな〜と言いながらガンガン演奏しだしました(笑)
物腰も穏やかで優しくて、イケメンなうえ、音楽もできちゃうなんて、「好き・嫌い」に分けたら迷う事なく「あなたが好きです♡」単純すぎっ(笑)
ベベトゥピサワ 芸術4
あ〜、また聴きたいな〜♡
ホントは、間違いなく友達の笑顔を見たいだけかも(笑)
芸術への感動はどこに行っちゃったのかな!?