バリ最大の遺跡グヌンカウィ〜高さ7mの岩壁とチャンディ

バリ最大の遺跡 Gunung Kawi グヌンカウィに初潜入!
石壁の門を通りまずはどっちへ進もうかしら?

グヌンカウィ22

まずは、左へ!

グヌンカウィ23

高さのある岩肌が見えてきました。
ワクワク感、ドキドキ感、最高潮!

もしかして、この向こうには?
写真で見たあの大きなお墓がある?!

グヌンカウィ24

キターーーーーーー!

でっかーーーーーーーい!!

さすがバリ最大の遺跡!!!

こちらには4つのチャンディが並んでいます。
順番があるのかもしれませんが、6代目の王様の4人のお妃様のチャンディです。
この岩壁、なんと7mもの高さがあるそうですよ。

感激のあまり、チャンディの前でジャンプして写真を撮ってしまいました。

そして、聖なる川と呼ばれるバクンサリ川を挟んだ向かい側にもチャンディが!

グヌンカウィ25

こちらには5つのチャンディが並んでいます。
早く川の向こう側のチャンディも見たいとウズウズしていると、けんちゃんに「後であっちに行くから大丈夫」と諭されました。
そうだよね、まずは順番に周っていきましょう!

グヌンカウィ26

グヌンカウィ寺院というだけあって、ちゃんとお寺もあります。

グヌンカウィ27

ドラゴン。とりあえず写真に収めてみました。

グヌンカウィ28

入り口の向こうには、修行するための庵があります。
けんちゃんの足をご覧ください!けんちゃん裸足でしょう?
ここでは履物を脱ぐ決まりになっています。
けんちゃんが居なかったら、注意書きに気づかず、無礼にもサンダルを履いたまま中へ入ってしまっていたかもしれません。非常識な外国人にならずに済んで本当に良かったと心から思った瞬間でした。

しっかし、けんちゃんのポーズったら(笑)
神聖な場所なのに、ものすごいふざけてます。
「あ、なんだ、まだ気楽にしていていい場所なんだ〜!」と安心させてくれます。
このユーモアさがお客さんに人気の秘密なのかな?

グヌンカウィ29

「めいしょーしてます。」←けんちゃん風
外国人の方が庵で瞑想していました。
石をくり抜いただけの簡素な庵がいくつもあり、ここで僧侶達が修行したのでしょう。

グヌンカウィ30

静寂の空間。
考える事をやめ、思考をストップさせ、心を見つめているのでしょうか?

張りつめたような、でも張りつめたという表現は的確ではない気がするんですが、背筋を正さずにはいられない空気、邪気が払われ心穏やかになる空気、なんだかすごい場所です、グヌンカウィ!

グヌンカウィ32

けんちゃん、おもむろに水溜まりの中へ入っていき、チョロチョロ滝のように落ちてくる水を頭にかけだしました。
もちろん私も真似して。

グヌンカウィ33

そしてお祈り。

グヌンカウィ34

次に訪れた場所は5つのチャンディが並ぶ場所。
ここは、4代目の王様と王妃、5代目の王様と王妃、そしてこのチャンディを作ったといわれている6代目の王様のものです。

 

バクンサリ川を挟んで反対側に見える最初に見たチャンディ。

グヌンカウィ25

最初に見た4つのチャンディ6代目の王様のお妃様のものでしたよね。どうして自分のお妃様だけ別の離れた場所にあるのかな?

それにしてもやはり大きいですよね。人があんなに小さい!高さ7mの岩壁をくり抜いて作ってるなんてすごい。
伝説ではクボイワが爪で引っ掻いで出来たといわれています。
が、どうなんでしょうね?!

グヌンカウィ36

まさに清流といった雰囲気。
時間があれば川まで降りたかったけれど、お天気が心配だったので今回はパス。
けんちゃんが遠くの空を見て、「もうすぐ雨こっち来るよ〜」と言ったので。
けんちゃん天気予報はものすごい確率で当たるんです。

さぁ、引き返しますか!