懐かしのングラ・ライ国際空港の国際線

何度ここから寂しい思いをして帰ったことか・・・。
何度「また来るよ、バリ島」と心の中で誓ったことか!
同じ気持ちで空港を後にした方々も多いと思います。
そんな思い出のたくさん詰まったングラ・ライ国際空港の国際線ターミナルの写真たちです。
ングラライエアポート5
どんな重たい荷物を持っていようとも手伝ってくれないセキュリティースタッフ。
非力な女子は、ここにスーツケースを載せるだけでもけっこう重労働なのよ!
ングラライエアポート2
まだ1度も利用したことがないけれど、スーツケースをぐるぐる巻きにしてくれるマシーン。本日も高速回転中。
ングラライエアポート4
ガルーダのチェックインカウンター。
ングラライエアポート1
2階に上がるエスカレーターをのぼるとき、更に寂しさがこみ上げてきます。
これで本当に日本に帰るんだな〜なんて。
ングラライエアポート6
空港使用料・・・どんどん高くなって、今は20万ルピア。
ングラライエアポート7
イミグレーション。
ングラライエアポート9
出入国カードの半券を失くして出国出来ないと言われて半泣き状態の日本人女子を何度助けたことでしょう!
言葉も理解できずスタッフに追い返され途方に暮れる日本人女子。友達は既にイミグレを通過しちゃって心配そうに見守ることしか出来ず・・・。
どうしたら良いかわからず困り果てている様子を見ると同じ日本人としてついつい助けてあげたくなるんですが、半券を書き直すのを手伝ってあげて、イミグレを無事通過した後に「ありがとう」も言わず、スーッと他人のように過ぎ去られると「あれあれあれ?」助けたのに冷たくないですか?お嬢さん!と首を捻ってしまいます。
余計なお世話だったのかな?
みなさん、半券は失くさないように出国までパスポートに挟んでおきましょうね。
ングラライエアポート10
免税店。
ングラライエアポート11
ングラライエアポート12
グッチもあります!
ングラライエアポート13
ングラライエアポート14
コーチもあります!
ングラライエアポート16
でも、この雰囲気が国際線ターミナルの一番印象に残ってる光景かもしれません。
ングラライエアポート17
ングラライエアポート18
懐かしいな〜。
深夜便だと、みんな疲れきって通路で待ってるんですよね。
ングラライエアポート19
ングラライエアポート22
ングラライエアポート23
初バリの時は最後に残ったルピアを使うため、お土産を買ったことも。空港の物が高いなんてことも知らずに(笑)
ングラライエアポート20
ングラライエアポート21
ガルーダのラウンジ。
ングラライエアポート24
飛行機に乗る前、最後の待ち時間をのんびり。
ングラライエアポート25
ングラライエアポート26
ングラライエアポート27
懐かしのングラ・ライ国際空港の国際線。
たくさんの思い出がここにある気がします。
とうのも、実はまだ新しい空港利用したことがないんです(笑)
新しい空港が出来てから、まだ国内線経由での出入りしかしたことしかないので!
哀愁漂う旧国際線ターミナルも好きだったんだけどな〜。
次回は大韓航空でバリ入り予定なので、新しいターミナルを利用できそうです☆
ングラライエアポート28


バリ島ガイドブック バリ島の歩き方2015

バリ島の歩き方2015 (地球の歩き方ムック 海外 11) バリ島の歩き方2015 (地球の歩き方ムック 海外 11)
(2014/06/05)
ダイヤモンド・ビッグ社商品詳細を見る

もう1冊ご紹介!
初めての旅行地で頼りになるのはガイドブック!
特に日本のガイドブックは素晴らしく、名称・時間・値段・電話番号などが細かく記載されています。
情報もたくさん掲載されているので、下調べには便利だと思います。
バリはお店の移り変わりがめまぐるしいです。
この間行ったお店が移転していたり、移転どころか閉店していたり・・・。
最新版のガイドブックに載っているお店でも既にないことがたくさんあります。
そんな時に役立つのがカーチャーター!
特に初めての旅行地では、街歩きの地図を見ただけでは時間も距離感もわからないことが多く、日程の計画も立てにくいと思います。
でも、カーチャーターを利用すれば、行きたいところへスムーズに連れて行ってもらえるし、ガイドブックに載っている人気レストランに行きたい時は、そのページを見せればその場で予約の連絡もしてくれます。自分たちだけでは無理と諦めてしまうことも、たくさん出来ちゃいます。
結果、思い出いっぱい最高のバリ島旅行に!!!
これから夏旅をご計画中のみなさん、ぜひバリクツアーズのカーチャーターをご利用ください。
とっておきの旅になること間違いなしですよ☆


るるぶバリ島’15☆最新版バリ島ガイドブック

るるぶバリ島\'15 (るるぶ情報版海外) るるぶバリ島\’15 (るるぶ情報版海外)
(2014/06/11)
不明商品詳細を見る

そろそろかな〜?と思っていたら、6月11日発売だったんですね!
これからが旅行のシーズン。
夏休みの旅行に向けてガイドブックでしっかり事前チェックしましょうね。
旅は新しい出会いです。
初めての街、見たことのない景色、味わったことのない食べ物、体験したことのない出来事、一生涯の友達とも出会えるかもしれません。
自分の世界を広げてくれる海外旅行。
安いだけじゃなく、「この人の車にまた乗りたい!」と思えるカーチャーターを利用した方が、その旅は断然楽しくなると思います。そして、想像していた以上に素晴らしい出会いや思い出を残すことが出来ると思います。
もちろん、カーチャーターの利点は、観光地巡りで長時間で何カ所も行きたい場所がある場合は特に便利!しかも、買物した荷物と一緒に移動できるので(車に置いておけるので)疲れもなく楽ちんです。
バリ島内を観光するには、カーチャーターを使うのが一番便利でお得!
夏休み期間のバリクツアーズのカーチャーター、フルブッキングの日もありますので、どうぞお早めにご連絡ください。


海外で病気になったら?バリで病院通い

海外で病気になったら、とにかく不安になりますよね。
日本だったら、かかりつけの病院に行けばいいけれど、海外だったらどうしたらいいのでしょう?
応急処置(手当)的な感覚で薬局に行っても、欲しい薬が見つかるとも限らないし、果たしてそれが正しい薬なのかも不安なところです。
本当に効くの?なんて疑いながら飲んだらなおさら効かない気もするし(苦笑)
私は、日本に居る時はほとんど病院に行くことがありません。
歯科の定期検診と、あとは風邪がよっぽどひどくなった時くらい。
でも、ここ数年、バリへ行くと体調を崩してしまうことが多々あり、おそらく、気候の違いや、香辛料の強い食事や果物、バリの水、遊び過ぎのスケジュールなど色んな原因で体調を崩すんだと思います。
今回はアメーバか?と疑われましたが、検査の結果そうではなかったようです。
カシイブ
私がお世話になっているカシイブ病院。
デンパサールにある病院で、日本人のスタッフの方もいらっしゃいます。
しかも、過去にかかったことがあるためカルテもきちんと保管していてくれています。
海外に私のカルテが保管されているのって不思議な気分です。
「主治医」じゃないけれど、カシイブの前を通るたびに「私の病院」と思えるほどバリで一番リピートしている場所な気がします。
カシイブは海外旅行保険に入っていれば、キャッシュレスも可能。
私は、現地で支払いし、診断書、診療報酬明細書(レセプト)と領収書をもらい、日本に帰って来てからクレジットカード付帯保険の保険会社に請求します。健康保険の海外療養費請求はちょっと面倒くさいのでしていません^^;
病院通いのおかげで、最近は、血液検査、尿検査、検便などといった日常使わないインドネシア語も理解できるようになってきました(笑)
何事も経験!
勉強になります・・・。


デンパサール・ングラライ国際空港の新国際線ターミナル

2013年9月19 日(木)デンパサール・ングラライ(DPS)国際空港の新国際線ターミナルがオープンしました。
けんちゃんが、今日お客様をお迎えに新ターミナルへ行ってきました。
 
デンパサール ングラライ(DPS)国際空港の新国際線ターミナル1
 
新国際線ターミナルの到着ロビーです。
すごーい!きれい!!これ、どこの国??
バリです。バリの空港です。
 
斬新なデザインで目を引いていてた波形天井が写真からもわかりますね。
現在、こちらのターミナルは国際線到着専用。
出発は旧国際線ターミナルを使用します。
到着と出発便では使われるターミナルが異なるのでご注意ください。
なお、9月29日(日)から国際線到着・出発とも新国際線ターミナル使用になるそうです。
 
デンパサール ングラライ(DPS)国際空港の新国際線ターミナル2
 
到着時のターミナルの流れはこんな感じだそうです↓
 
デンパサール ングラライ(DPS)国際空港の新国際線ターミナル3
 
ちなみに、今までの懐かしい国際線ターミナルは今後国内線ターミナルとして使用されます。いっぱい思い出の詰まったかつての国際線ターミナル・・・みなさんも色んな思い出があるのではないでしょうか?
 
今までジャカルタからのGAは国内線であっても国際線ターミナルに到着していましたが、今後は他の航空会社と同じように国内線ターミナル(旧国際線ターミナル)に到着します。
これからバリに来るみなさん!
話題の新国際線ターミナル利用も楽しみのひとつになりそうですね。