バリ島ニュピ前日のオゴオゴがいっぱい2016

2016年3月9日 バリ島はサカ暦の新年ニュピを迎えました。
その前日、3月8日はプングルプカン(オゴオゴの日でニュピの前日)と呼ばれ、島中がお祭り騒ぎになります。

けんちゃんの住むデンパサールでもオゴオゴパレードが行われました!
昨今では、Bluetoothで動きを付けて操作したり電飾を使ったり、どんどん華やかになっていきます。
その模様、どうぞお楽しみください。

オゴオゴ図鑑2016

オゴオゴ2016-1

オゴオゴ2016-2

オゴオゴ2016-3         オゴオゴ2016-4

オゴオゴ2016-5

オゴオゴ2016-6

オゴオゴ2016-7

オゴオゴ2016-8

オゴオゴ2016-9

オゴオゴ2016-11

オゴオゴ2016-10

オゴオゴ2016-12

オゴオゴ2016-13

けんちゃんもオゴオゴを担いでパレードに参加しながら、たくさん写真を撮ってくれました!
来年はどんな面白いオゴオゴが作られるのかな?また楽しみですね!


バリクツアーズのカーチャーター

 

441_3_E_MT_Minor_Changebig

http://balikutours.com/blog/car-charter/

バリ島でカーチャーター・車チャーターするならバリクツアーズ!車を貸切で自由自在にバリ島を観光してみませんか?

格安で安心、口コミで評判のバリクツアーズのカーチャーター・車チャーターは、行きたい所へ自由自在の貸切観光!

おすすめのバリ人ドライバーがご案内。リーズナブルな料金で、初めてのバリ島旅行、リピーターにも大人気!行き先・ご利用時間はお客様のご希望にあわせてアレンジ可能。

時間だけ決めておいて、「行先は当日経験豊富なドライバーにお任せ」もOKです。

詳しくはこちら→カーチャーターについて
ご利用になられたお客様の感想→お客様からの声
どうぞお気軽にお問い合わせください!→お問い合わせフォーム
バリクツアーズのHP→ウェブサイト

バリ島の最近のお葬式事情

けんちゃんの親戚が亡くなったのでお葬式に行ってきました。
バリの葬式といえば、豪華で壮大なガベン(火葬式)を思い浮かべるでしょう。
遺体を入れる大きな棺に様々な装飾がされていたいり、大勢の人が集まり列をなして歩く姿は、まるでお祭りのように見えるかもしれません。バリ特有の火葬の儀式です。

ところが、最近のお葬式事情も時代と共に変わってきているようです。
お金も時間も人手もかかるガベンを簡素化する傾向にあるそうです。
もちろん階級の高い方や歴史や伝統、風習を重んじる地域では今までと同じように大掛かりなガベンが行われているし、村では5年に1度合同でガベンを行っています。(亡くなると1度土葬して、合同ガベンの時に掘り起こし改めて火葬します。)

 

火葬式ガベン1

 

今回私が体験したのは、簡素化されたガベン。
デンパサールにある斎場・葬儀場というのが妥当でしょうか?日本のお葬式のような場所です。

 

火葬式ガベン2

けんちゃんも初めて来たそうです。

亡くなった方をここへ運び(ちょうど、直接病院から救急車で運ばれて来た方もいました。)、火葬までの儀式を行います。
お坊さんやお手伝いしてくれるスタッフはここの人たちなので、大変な準備なども必要ありません。仕事を抱え、忙しい街の暮らしをしている人たちにとってはとても楽だそうです。

 

火葬式ガベン3

1日に数件の葬儀があるそうで、この日は4番目だったかしら?
写真の人たちがけんちゃんの親戚(実際には本当の親戚ではなくて、親戚のような付き合いをしていた人…)で、その他参列しに来た人たちは周りに座っておしゃべりに興じています。

 

火葬式ガベン4

皆で最後のお別れ。
この後、火葬されます。

日本のお葬式と変わらないじゃない?と思われるでしょうが、バリ島において宗教儀式としてのガベンの在り方を考えると、そのプロセスが非常に簡素化された最近のお葬式事情なんです。これからはバリのガベンもこのように変わっていくのかな?と感じた瞬間でもありました。

けんちゃんも、「バリのお葬式は家族が本当に大変。いっぱい人来るし、いっぱい食べ物とか準備したり、ほんと結構疲れるよ。だからこういうお葬式が楽でいいね。みんな今忙しいしさ。」なんて現代人的なコメントを残していました。

 

 

火葬式ガベン5

 

お葬式から戻ると、家に入る前に必ずすることがあります。
屋根に水をかけて、その雫の下を通ってから家に入ります。

 

火葬式ガベン6

 

けんちゃんも水を浴びて家に入ります。
屋根に向かって何かを投げる様子を見て、そういえば子供の頃、下の乳歯が抜けたら屋根に向かって歯を投げたな〜と懐かしい風習を思い出したのは私だけでしょうか?

 


ワルンミナで朝食

ワルンミナと言えば、ウブドのマンガマドゥの斜め向かいにあるお店をご存知の方も多いはず。実はウブド、レギャン、スミニャック、レノン等にもあるチェーン店なんです。

ワルンミナはイカンバカール(シーフードバーベキュー)を中心とした雰囲気の良いレストラン。インドネシア料理メインのお店なので、観光客だけでなく、ローカルにも人気のお店です。

ワルンミナ4
池を囲むようにして建つ茅葺き屋根のガゼボ。
素敵なお庭のようです。
プライベートな個室のような空間なので寛げて良いですよね。

魚のパケット、グラミという淡水魚のセットメニューが人気。
魚が苦手な方も安心です。鶏肉のメニューやナシゴレンなんかもあるので色々な食の好みに対応可能です!

で、せっかくならその魚のセットを食べたところをアップしたいのですが、この日は朝食利用。けんちゃんの親戚のお葬式があるとのことで訪れたデンパサールのJl. Astasuraのワルンミナ。お葬式の前に軽くモーニングコーヒーがてら軽く何かをつまむことにしました。

 

ワルンミナ1
Pisang Goreng Gula Bali Rp 15,000

ピサンゴレン(揚げバナナ)
バリ砂糖をたーっぷりつけて食べると、もっと美味しくなります。揚げたてはめちゃめちゃ美味しいです。
衣はカリッ&サクッと。中は温まったバナナがトロリとして絶妙なハーモニーです。

ワルンミナ2
Buah Segar Fresh Rp 75,000

朝から新鮮な果物をたっぷり。
体が目覚めます!

ワルンミナ3

飲み物はビンタンビールじゃないですよ!笑
バナナジュースです。

ワルンミナ、モーニング利用もありかもです。


デンパサールの甘いサテvs辛いサテ

バリ島デンパサール 朝10時。
デンパサールでローカル飯1
ちょっと遅くなってしまいましたが、朝ごはんです。
もうお腹が空き過ぎてちょっと変な感じ。
ここはデンパサールにある、ソトとサテのワルン。
デンパサールでローカル飯3
あっという間に出てくるので、お腹が空いているときには本当に嬉しい!
バリのファストフード!!
デンパサールでローカル飯4
Soto Bakso Rp 18.000
あっさりめの肉団子入りスープ。
一緒についてくるジュルッ・ニピスを絞ると更に爽やかな味になります。
デンパサールでローカル飯7
この手のスープは、ごはんと一緒に食べるとピッタリ!
こんな風に、ごはんにスープをかけながら食べると、さらりと食べられます。
ごはん(Nasi Putih)は Rp 5.000でした。
デンパサールでローカル飯5
Sate Babi Manis Rp 20.000
甘めのタレの豚串。
お肉も小さいし、食べやすい味なので何本でも食べられてしまいます。
デンパサールでローカル飯6
Sate Sapi Pedas Rp 18.000
辛〜い牛串。
見た目通り、かなり辛いです。
上に乗っているのはチャベ!
唐辛子を石臼ですりつぶしたまんまです。
デンパサールでローカル飯2
有名ホテルの優雅で贅沢な朝もいいけれど、ローカルに混じって地元が愛する朝を過ごすのも同じくらい贅沢な気分です!