既製品のクバヤとスカート風の楽ちんサロンが買える店@デンパサール

バリ島の民族衣装って独特で華やかで、何度見ても心奪われます。
お祭り、結婚式、寺院訪問の際などバリ・ヒンドゥー教の儀式に欠かせない衣装ですが、バリ人が正装している姿は、男性も女性も、子供も本当に素敵!

バリに滞在している間、かなりの確率で正装したバリの人々を見かけると思います。
色や柄など注目して見比べてみるのも面白いですよ!

特に女性が着る「クバヤ」と呼ばれる上着は、体のラインにぴったりでとてもセクシー!
しかもレースタイプのクバヤは肌がスケスケ。
今年日本でもレースタイプの洋服やロングカーディガンが流行りましたが、バリなんてもっと昔から流行ってましたからね。若者だけじゃなくおばあちゃんだって、スッケスケ!
バリ人女性のクバヤが何故あんなに体にぴったり合っているかというと、ほとんどがオーダーメイドだからです。
でも短期旅行者にとってオーダーメイドのクバヤを作ってもらうには時間が足りなかったり、明日お寺に行くときに着てみたいねって盛り上がることだってありますよね?
そんなときに役立つのが既製品のクバヤ!

私も急遽沐浴に行くことになり、既製品を売っているお店へ夜な夜な出かけました。

anisakebayabali1-1

デンパサールにあるクバヤを扱うお店。

anisakebayabali2-2

カラフルで眩しいくらいです。こんな色の組み合わせ、日本ではなかなか見かけません。

anisakebayabali3-1

サイズも色々あるし、デザインも結構ありました。
試着もできるのでなるべく体にぴったり合うものを選びましょう。

ここのお店のクバヤはRp 80,000前後 ぐらいだそうです。

おっと、イケメンも発見。
突然現れたマネキンにびっくりです。

anisakebayabali6-1

お店の中は迷路のように所狭し、上までいっぱいディズプレイされています。

anisakebayabali8-1

あぁキレイ♡全部欲しくなっちゃう。

anisakebayabali9-1

私の今回の目的は沐浴用のサロン。
巻かずに履けるスカートタイプの簡単なサロンを購入するためです。
最初から筒状になっているので、上手に巻けない私にもってこいのサロンです・

anisakebayabali6-1

ストレッチタイプのサロン。伸びるし軽いしサラサラしてるし長時間履いていても着心地抜群。
ウエストもゴムだし楽ちん!
お値段Rp 40,000 お買い得〜!!
色違いの赤バージョンのものを買いました。

その横にくしゅくしゅサロンも発見。

anisakebayabali5-1

1枚買ったからもう必要ないのに、高まる物欲!
お値段はストレッチ素材の倍のRp 80,000 です。
一応試着して(試着してる時点でほぼほぼ買う方に意思は傾いてます。)、ピンクバージョンを買いました。

結局くしゅくしゅサロンは未だ履く機会はないですが、いつか日の目を見ることを祈って。

anisakebayabali13-1

スレンダンはRp 10,000 だと言っていたような。

男性用のサロンもご紹介しておきますね。

anisakebayabali10-1

女性用に比べると華やかさに欠けますが、男性用も色・柄と種類があって選ぶとなると悩みそうです。

この紫のなんてどうでしょう?

anisakebayabali12-1

ハートの模様が入ったこちらの柄物も可愛いかも!

男性用はさらっとしか見ていないのでこんな感じで・・・。

anisakebayabali3-1

anisakebayabali14-1

帰りがけにお兄さんが着せてるマネキンさんを後ろから見ると・・・

anisakebayabali15-1

半ケツでした。
あとでもう少し上にしてあげてね。


バリクツアーズのカーチャーター

 

441_3_E_MT_Minor_Changebig

http://balikutours.com/blog/car-charter/

バリ島でカーチャーター・車チャーターするならバリクツアーズ!車を貸切で自由自在にバリ島を観光してみませんか?

格安で安心、口コミで評判のバリクツアーズのカーチャーター・車チャーターは、行きたい所へ自由自在の貸切観光!

おすすめのバリ人ドライバーがご案内。リーズナブルな料金で、初めてのバリ島旅行、リピーターにも大人気!行き先・ご利用時間はお客様のご希望にあわせてアレンジ可能。

時間だけ決めておいて、「行先は当日経験豊富なドライバーにお任せ」もOKです。

詳しくはこちら→カーチャーターについて
ご利用になられたお客様の感想→お客様からの声
どうぞお気軽にお問い合わせください!→お問い合わせフォーム
バリクツアーズのHP→ウェブサイト

スラウェシ通りで見つけるバリっぽいカワイイ布

雑貨や裁縫好きの方ならバリっぽいカワイイ布、欲しいですよね!
レースも可愛いし、バリっぽい柄も雰囲気たっぷりでいいし、色違いのこっちもいいし・・・なんてあれもこれも欲しくなって迷っちゃいます。
しかも更に迷うのが、同じような布を売っているお店がたくさんあると、どこで何を見たかますます分からなくなって即決できなくなってしまいます。
バリは1軒のお店が流行ると、比較的同じエリアに同じようなお店が雨後の筍のように出来始めます。
おそらく、デンパサールのスラウェシ通りもそのひとつ!
jalansulawesi1
パサールバドゥンの近くで、たくさんの布地屋さんが並ぶ問屋街です。
jalansulawesi2
値段も手頃なものから、同じような布地なのに意外とお高いものまで!
すると「それはシルクだから。」と。
う〜ん、素人目には判断が難しいです。
jalansulawesi3
値段交渉は、お店の方が布にハサミを入れる前にしっかりとしましょう!
今回、ハッキリと値段にOKを出す前にハサミを入れられてしまい、けんちゃんに怒られてしまいました。
もう少し安くなったかもしれないなぁ…。
反省して、次回はしっかり交渉します!
段ボールに描かれた可愛いボードを発見。
jalansulawesi4
<セール>(ブロケードという種類の布)
jalansulawesi5
<禁煙>
みなさんもぜひバリの香り漂う布をGETして、ライフスタイルに取り入れてみてはいかがでしょうか。
布はバリの正装以外にも何でも使えます!
クッションカバーや、テーブルクロス、ベッドカバー、バッグ、ポーチ。
洋服…子供服なんて特に可愛いと思います。ワンピースやかぼちゃパンツ、サルエルパンツ、手作りの楽しみが増えそうですね!


スレンダン用ブローチ購入

デンパサールのレスタリでクバヤの生地を買い、併せてスレンダンというウエストに巻く帯を買ったところ、スタッフが可愛い巻き方を教えてくれて、さらに「ブローチを付けるともっと良くなるわよ!」というアドバイスをしてくれました。
ブローチかぁ。
確かにあるとポイントになっていいかも!
スタッフに近場で売っているところがないか尋ねると、「向かいに売ってるわよ。」と教えてくれました。
ないときはどれだけ探しても全然見つからないバリですが、あるときはあれよあれよとパズルのピースがはまるように瞬間的に物事が進んで行きます。
スレンダン用ブローチ5
お向かいのお店に入ると、普通のジュエリー店でした。
かなりチープな感じがしましたが、でもスレンダンブローチ初デビューなのでとりあえず物色。
スレンダン用ブローチ1
スレンダンの巻き方がお花のような感じだったので、丸いイメージのブローチを思い描いていたら、ちょうど良い感じのブローチがありました(笑)
スレンダン用ブローチ2
写真真ん中の色違いを即買いしました。
値段は500円もしなかったと思います。
スレンダン用ブローチ3
スレンダン用ブローチ4
他にもヘアバンドもたくさん売られていました。
人気なのかな?

で、購入したブローチを当日つけようと思ったら、ゲッ!!
留め具がボロッと落下↓
確かにチャチな作りだったし、弱い感じがしたけど、まさか一度も使ってないのに留め具が落下するなんて!!!
留め具は風車みたいになっているタイプで、円の切れ目にピンの先を入れてつまみを回して止めるタイプの留め具だったんですが、まさかの根元からボロリ。
サロン用ブローチ8
写真右側の黒い●の部分が留め具のあった箇所。
女子更衣室から出て、男子更衣室から出てきたけんちゃんにブローチを見せながらしょんぼりして説明すると、「ブローチ貸して、だいじょうぶ。つけれるよ。」と見てもいないのに自信満々に言い切りました。
すると、針をグッと曲げてその先をブローチの隙間に押し込みました。
なんということでしょう!
即席ではありますが、ちゃんと刺さった!!
スレンダン用ブローチ6
さすがバリ人!
バリのものはバリの人が慣れてるだけあって、壊れてもすぐ直せる臨機応変さが素晴らしい!!
チャチで脆い作りが、こういう時に返って良い方向に働くなんて。
私一人なら留め具が壊れた時点で諦めていましたが、けんちゃんが居てくれて良かったな〜。
サロン用ブローチ7
留め具がなくってしまったけれど、これからも隙間に刺す留め方で使えそうです(笑)


クバヤをオーダーメイド@縫製屋レスタリ

バリ女性の民族衣装のクバヤ。
華やかできらびやかなクバヤは生地もデザインも豊富なうえ、流行の変化も早いです。
デンパサールのレスタリで自分の気に入ったクバヤ用の生地を選んで購入し、続いては自分の体にぴったり合うようにオーダーメイド!
生地を縫製屋さんに持ち込んで縫い子さんに縫ってもらいます!
デンパサールのレスタリでお勧めしてもらった同系列のサヌール店。
こちらに縫い子さんがいるとか。
私はてっきり同じぐらいの店構えかと思ったら、なんとびっくり!大きいじゃありませんか!!
レスタリ サヌール1
広い〜!
レスタリ サヌール2
サヌール店にもたくさんの生地があって、こちらでも購入可能です。
ここで買えば一度で済みますね。
目的はお仕立てだけだったのですが、お店の中をぐるっと一回りしてみました。
レスタリ サヌール3
男性用・女性用サロンやスレンダン
レスタリ サヌール5
ソンケットって素敵ですね!
レスタリ サヌール4
それでは早速、仕立て準備スタート。
レスタリ サヌール6
生地を縫い子さんに見せると、「いい生地ね〜♡」と褒められちゃいました。
プロに褒められると嬉しいですね(笑)
レスタリ サヌール7
オーダーメイドで一番大切な採寸!
肩幅、胸囲、ウエスト、腕周り(二の腕)など計り、好みの着丈、袖丈、胸の空き具合を相談しながら決めていきます。
胸の空き具合は「セクシーなのがいい?」なんて聞かれたけれど、いえいえ、そんなアピールしたくないです。日本の結婚式に参加するのに谷間が見えるのはイヤ!控えめに、控えめに(笑)
でも窮屈すぎるのはイヤだったので、ベット(胸当て)付きのデザインにしてもらいました。
あと、私は背が低いので丈が長過ぎるのは避けてもらい、袖も野暮ったく見えないように半袖にしてもらいました。
最近どんなデザインが流行ってるのか全く分からなかったけれど、自分のインスピレーション頼みで好み通りのオーダーをしました。
お店のスタッフが明るくて優しくて親切で、本当に良い雰囲気。
採寸中も笑い声が耐えませんでした。
裏に工房があるそうなので、お邪魔させてもらいました。
レスタリ サヌール8
たくさんの、糸、糸、糸!
レスタリ サヌール9
持ち込まれるクバヤの色に合った糸を使わなければいけないから、たくさんの色の糸が用意されているんですね。
レスタリ サヌール10
バリのクバヤの色がどれだけ豊富なのか改めて実感できました。
糸をじっくり見ているとバリ人の独特の色彩感覚の豊かさ、鮮やかな色調に目を奪われました。
日本だと、柔らかい色も多い気がしますが、バリはさすが南国だからでしょうか?太陽や海、青空や木や花、果物などを見ているようでした。
レスタリ サヌール11
こちらの工房には縫い子さんが20人います。
だいたい2日間でクバヤが縫い上がります。
レスタリ サヌール12
2日後に受け取りに行き、試着してみました。
最初に採寸したとき、ロントロソというクバヤ専用の下着をつけていなかったのですが、この日は専用下着を着て出来上がったクバヤを着てみました。
ロントロソとは補正効果のある下着で、ウェディングドレス用のインナーのようなものです。
肩ひもストラップが取り外しできます。
メリハリのあるウェストラインが出来るので、これ重要です!!
前回はロントロソを使用しないで採寸したので、クバヤのウエスト周りにちょっと隙間が生まれてしまいました。
なので、お直ししてもらうことに。
縫う時に付けた印も残っていたので、そこもキレイに洗ってもらう事にしました。
クバヤの仕立て代金はRp100.000でした。
カムン(サロン)の耳はサービスで縫ってくれましたよ!
出来上がったクバヤがこちら↓
レスタリ サヌール13
クバヤを着た写真をあまり撮ってないことに気づきました(笑)
全身が写ってる写真、全然なかったんです。
えーーー。自分でもガッカリ。
しかも、こんなピースしてる写真なんて・・・。
レスタリ サヌール14
出来上がり、いかがですか?
私としては、トータルで見て大満足の仕上がりでした。
細かい刺繍やデザインがキレイで、全体の色合いも落ち着いているけれど華やかにも見えます。
しかも全部私の好きな色なので着ているだけで幸せな気分になれます。
今度は白いのも作りたいな〜。
でも心残りなのは全然写真がなかったこと(笑)
せっかく作ったんだし、今度、バリで着た写真を撮ります!


最新クバヤ探し@レスタリで見つけた!

バリ島の女性の正装といえば、クバヤ。
その華やかで独特なデザインに女性のみならず、男性も美しいと感じる方も多いのではないでしょうか?
バリ島へ訪れると必ずと言って良いほどクバヤを着た女性に出会うと思います。
まだ訪れたことがない方も、ガイドブック等を見て一度着てみたいな〜と思う方もいらっしゃると思います。
バリ人女性のほとんどは自分専用、オーダーメイドでクバヤを作ることが多く、そのため自分の体のラインにぴったり合ったベストサイズのクバヤを着ています。
もちろん既製品も売られていますが、オーダーメイドの方が間違いなくより美しく見えます。
ここ最近、クバヤを新調していなかったので最新の流行に完全に疎く、若いバリ女子達がどんな最新デザインのクバヤを着ているかお寺でチェックする機会もなかったので、一か八か直接生地屋さんへ行くことにしました。
今回、なぜクバヤを新調しようかと思ったかというと、結婚式に参加するため!
しかも、日本で!!
そうです。もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、バリクのお客様の結婚式にご招待いただき、参加させていただきました。
なので、バリを初めて知る方もいるのに地味なクバヤを選んではバリの広報にもならないし、生地や仕立てが悪いのはもっと良くないし・・・。
ということで、今回はスラウェシ通りで買うのをやめました。
スラウェシ通りとはデンパサールのバドゥン市場近くにある生地屋さん街で、たくさんの生地が花を咲かせたように道を彩る色彩溢れた通りです。
ここのお店が悪いというわけではないですが、生地を見抜く目がない私にとって、「シルクだよ」と嘘をつかれて高い金額をふっかけられても正しく判断することができないんです。安い生地でも良いときなら良いのですが、今回はお祝いの場に相応しい生地を選びたかったので、お隣さんのバリ人女性におすすめのお店を教えてもらい、そこへ買いに行きました。
LESTARI レスタリ
クバヤ・レスタリ1
間口も奥行きもあまりないお店でしたが、入った瞬間に火がついちゃいました。
クバヤ・レスタリ2
一度生地を見出すとアレも素敵、コレも素敵と購買意欲が湧いてきてしまうので困ってしまいます(^^;)
クバヤ・レスタリ3
最近のクバヤの生地は刺繍のが多いんですね。
全面刺繍のスケスケクバヤだと、初めてバリの衣装を見る人にはちょっと刺激的かな?
クバヤ・レスタリ4
バリ人女性は顔立ちがハッキリしていて、肌の色も濃いので原色がとっても栄えるな〜と思うのですが、私は顔が地味なので派手なのはちょっと色ばかり目立ってしまうので、ちょっと落ち着いた感じの黄色を選びました。
色も揃えてカムン(サロン)とスレンダンも買いました。
クバヤ・レスタリ5
いや〜これ素敵!!
と思って、店員さんに聞くと
Songket Sutra Jemputanという生地(シルク)でなんとびっくりRp 4.000.000
クバヤ・レスタリ6
ううう・・・
もう少し安いのは?と聞くと
Songket Kottonという生地(綿)でRp 1.400.000
オシャレにはお金がかかりますね。
でも、日本で結婚式用のドレスを買おうと思うともっと値が張るし・・・と思って一揃え買いました。
スレンダンの色選びもクバヤの生地とカムンの生地とを並べ、スタッフと色が合ってる(入ってる)合ってないとか相談し合ったり、ほとんど同じ色なんだけど本当に本当に微妙な違いしかないのにこっちかな?あっちかな?と真剣に一緒に選んでくれて、とても親身になってくれる優しいスタッフだな〜と思いました。
そのおかげで満足いくセットを選ぶ事が出来ました!
で、生地選びと同じくらい肝心なのが縫ってくれる人!
スタッフに上手に縫ってくれる人がいないか尋ねると、同じLESTARIの系列でサヌールにお店があるとのこと!!
なんてラッキーなの〜♬
スタッフがサヌールのお店に電話してくれて、今から私が行く事を事前に根回ししてくれる手際の良さに更に感激。
バリ島到着初日、しかも午前中に8月夏バリの目下最大の予定をクリアできちゃいました。
全ての出会いに感謝です。
クバヤ・レスタリ7
私のとは色も全然違いますが、どんな感じに縫ってもらおうかな〜。マネキンを見ながら妄想が広がります。
満足のいく買物ができてテンション上がりまくりでした。
ワクワクしながらLESTARI SANUR店へ向かいます。
つづく。