雨季はドリアン

乾季ネタではありませんが、雨季といえばフルーツ。
バリ島の季節は、ご存知のとおり日本のような四季ではなく雨季と乾季のふたつの季節に大きく分けられます。
観光を楽しむなら晴れの日が多く湿度も低い乾季がベターですが、雨季は何と言っても南国フルーツのシーズン!
雨上がりの青々とした緑も本当に美しいです。
この日は、朝から天気が良くアメッドへスノーケリングへ行く事に。
ダイビング会社をやってるけんちゃんのお兄さんのカメラも借りて準備万端!!
アメッドへの道すがら、ほとんど爆睡しておりましたが、ひょっこり目覚めると果物の路上販売が目立つようになってきました。
せっかくなので休憩がてら果物でも買って食べようよ〜ということになりました。
突然の予定を柔軟に楽しめるのも、のんびり旅の醍醐味です。
ドリアン1
くっさ〜いドリアン(笑)
でも食べるとねっとりしたクリーミーさがいいんですよね。
ドリアンのジュースもなかなか美味しいんですよ。
私は選び方が良くわからないので、そこはバリ人にお任せ。
色も形も大きさもバラバラ。
ドリアン2
けんちゃんとニョンニョンと売り子さんとで選んでもらいました。
ドリアン3
いただきま〜す♡
ドリアン5
って、ニョンニョン、皮は食べないでしょ(笑)
バリ人ならほとんどの人はドリアン大好きです。
でもドリアンを食べ過ぎると喉が痛くなるそうです。
体も熱くなってくるので、風邪の時には良くないそうです。
熱いときは、ランブータンなどクールにしてくれる果物の方が良いそうですよ。喉も潤いそうですものね。
時々ですが、けんちゃんが「風邪引いたかも。なんか〜熱っぽいし喉痛いし。あれ?昨日ドリアン食べ過ぎたせいかな?」な〜んて言ったりもします。
ドリアン4
みんなとれたて新鮮ドリアンをたくさん購入していきます。
家に帰って家族で食べるのが楽しみなんだろうな〜と。家族でドリアンを嬉しそうに食べる姿を想像して微笑ましくなりました。
シーズンになれば、また道端であっちでもこっちでも売られるようになります。
夏休みにバリに行けなかった方、諦めた方、雨季もなかなか良いものですよ〜。
冬休み、寒い日本から逃げて暖かいバリへっていうのもオススメです!


マンゴーの花

マンゴーの果実はみなさん良くご存知だと思いますが、マンゴーの木ってすぐ見分けられますか?
しかも、マンゴーの花って見たことがありますか?
マンゴーの花
私は1年中バリにいるわけではないので、季節・季節の切り取られたバリ島の姿しか見ていません。
バリ島到着初日の朝、実のなっていないマンゴーの木をぼんやり眺めていると、いつも青々としている葉っぱばかりのマンゴーの木がなんだかちょっと違います。
花?
そう、マンゴーの木に花が咲いていました。
マンゴーに花が咲くのかぁ!と深く強く感心してしまいました。
良く考えれば果実がなるのですから、花が咲いて当然と言えば当然なんですよね。
今までのバリ島ではそんなこともゆっくり考えたり気づいたりする余裕なんてなかったのですが、今回は今まで気づかなかったことに目がいったり、色んなことを知る機会に恵まれたりと、色々と吸収&勉強できた気がします。
心に余裕が生まれたことで、今まで見たバリ島の風景がまた新しく見えました。
小さな発見でしたが、ちょっぴり幸せな気分になれた初日の朝でした。
みなさんもバリ島で幸せ感じませんか?


デンパサール今年のマンゴー泥棒犯人はなんと女!

そう、昨年もデンパサールで多発したマンゴー泥棒ですが、今年も懲りずにマンゴー泥棒が現れたようです。
しかし、犯人は昨年と違い、女でした。
しかも昨年の犯人Kの母です。
親子でマンゴー泥棒とは・・・
今年のマンゴー泥棒
今年の言い分も、おそらく
「だって~、Kちゃんが毎日見てたから、Kちゃんのマンゴーだよ、へへへ(*´∀`)」
と言うに違いありません。


マンゴーの種類何が好き?マンガマドゥ?

マンゴー好き集まれー!
マンゴーには色んな種類があります。知っていますか?
マンガマドゥ
Mangga Madu
これはマンガマドゥ。蜂蜜のように甘いマンゴー。
マンガマドゥと聞くと、ウブドのワルン「マンガマドゥ」を思い出しますね。
マンガマナラギ
Mangga Manalagi
マンガマナラギ。
バリ以外のインドネシア人にマンゴーで一番何が好き?と聞くと、このマナラギと答える友人が多かったです。
確かに甘くて匂いもあり、「マンゴー!!」という味がします。
マンガハルムマニス
Mangga Harum Manis
マンガハルムマニス。
甘みと香りと酸味が絶妙なマンゴー。
そして、このマンゴーがけんちゃんのNo.1だそうです。
「絶対ハルム・マニスだよー!」
市場に行っても、ハルムマニスばかり選びます。
マンゴー好きなら、お皿いっぱいマンゴー食べたいですよね!
マンギス/マンゴスチン
Manggis
マンゴーも美味しいけれど、やっぱりマンギスも外せません。
わかりますよね?
マンゴスチンです。
殻を割ると、その外見からは想像できないくらい白く美しい果肉が顔を覗かせます。
小さくて可愛らしくて清楚な感じがしますよね。
上品で控えめな甘さがとても美味しいです。
ランブータン
Rambutan
ついでもランブータンもご紹介します。
ランブータンはすっきりした甘さがいいですね。
以前、木から採ったばかりのランブータンを「さぁ食べよう♪」とひとつ手にとり皮を剥こうと眺めると、めちゃくちゃ蟻がくっついていて、あまりの気持ち悪さに「ぎゃー!!!」と叫んだことがあります。
その後、ランブータンを力いっぱい床に叩きつけると蟻は実から離れて行きました。
木から採ったばかりのランブータンは危険です。
それ以来、ランブータンはじっくり見て手にとるようにしています。
今回はどのフルーツもカルフールというスーパーで購入したものです。
市場で値段交渉して買わなくても良いし、スーパーなら言葉に自信がなくても簡単に買うことができるので、旅行中に試しやすいですよ!
ぜひ、バリ島で安くておいしい南国フルーツをたっぷり味わってくださいネ。
みなさんは、どんな南国フルーツが好きですか?
私はマンゴー、マンゴスチン、パパイヤ、シルサック、ルンケンなどが好きです!