img-header-1 img-header-2 img-header-3 img-header-4
バリクがあるからバリにいこうよを合言葉に!これからもバリクを頼ってバリ行きを続けます。

今回もたくさんお世話になりました!
空港にニョンニョンにお迎えに来てもらって、ウブドで仕事終わりのけんちゃんとみんなで夜ご飯!

私たち夫婦にとって、バリクはもう家族同然ですから、到着日にこうして可愛い弟とご飯を食べるのがとても楽しみなんです。
彼はいつもとってもよく気配りができるし素直で明るいからすごく元気もらえます。


もりもり食べてくれる姿を見られてとってもうれしい!

今回はニョンニョンもいっしょでさらに賑やかで楽しいバリ最初のご飯でした。
いつもダンナさまと2人なので、大勢でご飯を食べるのが本当に楽しい!!

最終日もバリクツアーズなら安心してお任せです!

けんちゃんはワガママも聞いてくれながら、きっちり時間に間に合うように空港まで送り届けてくれますから、こちらは時間も気にすることなく最後までバリを堪能できます。 チャーターのよさですよね~!

今回はマラム・ミングー(土曜日の夜)だったから、混み合うカルフールは行かずに、けんちゃんとのんびりお昼ご飯を食べたり、ダンナさまが行きたかったグヌンカウイ(今更ですが初です)や、ティルタウンプルで聖水を汲んだりしました。

グヌンカウイではけっこう長くて急な階段があるんですが、他社のガイドは日本人カップルを階段の手前で「じゃ、がんばってね」なんて言って見送ってて呆れました!

もちろん、バリクツアーズはそんなことしません!
ちゃんといっしょに最後まで案内してくれますよ!

グヌンカウイでも、チョロチョロ細い滝のような水が流れてるところがあるんですが、けんちゃんはそこで 「はい。この水を頭に3回かけてお祈りして!」って説明してくれました。
遺跡の中に入る時も 「はい。ここから裸足になってね。」ってちゃんと作法まで教えてくれるんです。

知らなければ失礼を犯してしまうところでした。
本当にけんちゃんは頼りになります。

空港で最後まで見送ってくれた後、出国してから私がけんちゃんにありがとうってメッセージを送ったんですね。

そしたらすぐに電話がかかってきて 「お姉ちゃん!飛行機デイレイしてない?お兄ちゃんは?眠くない?気をつけてね!またすぐ帰ってきてね!」って!!

泣きましたよ、わたし。

バリ島の美しい自然に出会うことができたのは、私たち夫婦にとって素晴らしいことですが、それにも増して遠く離れたバリの地で、この自分たちを「兄・姉」と呼んで抱きしめてくれる弟けんちゃんに出会えたことは、財産だと思っているんです。
人を疑うことのないまっすぐな心を持ったけんちゃんが育ったバリ島が大好きです!
何年か前に「バリクがあるからバリにいこうよを合言葉に」ってわたし確かこの「お客様の声」に書かせてもらったと思うんですが、今でもバイクで移動できるようになっても、やっぱり「バリクがあるから」バリに行くんです!

これからもバリクを頼ってバリ行きを続けますよぉ
~(*^。^*)

と、いうことで来年もよろしくお願いします!



便利な予約フォームをご利用ください

フォームに記入するだけで簡単に予約が行えます。
ご利用ください!